momoko's Thai Cook

  • 日本酒・李白とタイ料理 momosiam/モモシャム presents タイ料理を日本酒によせて嗜む会

    11月7日(土曜日) 18:30 開場 19:00開宴(21:30終宴)

    参加費 :

    4500円(+お飲物代別途オーダー)

    定員 :

    限定16名

    momoko’s Thai Cook主宰、Momokoがオーナーシェフを務めるゴーストレストラン、新感覚のタイ料理店「momosiam/モモシャム」。(トレードマークのシャム猫は、もちろん古のタイ国由来♪)歌って踊れるタイ料理の先生Momokoが新しいタイ料理の嗜み方を提案していきます!
    Li-Poではこれまでグリーンカレー教室やタイ屋台などいろいろな美味しいタイ料理を紹介していただきましたが、今回は、なんとなんと日本酒とのペアリング!
    Momoko特製、日本酒に合うオリジナル・タイ料理と、Li-Po一押し!日本酒「李白」のマリアージュをお試しいただきます。スパークリングから吟醸、純米はもちろん、古代米仕込み、うすにごり、しぼりたて、、などなど。秋の夜長、花酵母で醸した様々な日本酒-李白-を、モモシャムの絶品タイ料理とともにお楽しみください!
    時節柄少人数制、限定16名の募集です。ご予約お早めに!

    momosiam/モモシャム presents
    タイ料理を日本酒によせて嗜む会
    ●日時:11月7日(土曜日) 18:30 開場 19:00開宴(21:30終宴)
    ●会場:渋谷 Li-Po www.li-po.jp
    ●会費:4500円(+お飲物代別途オーダー)
    ●ご予約・お問い合わせフォーム http://li-po.jp/?page_id=5385
    「タイ料理を日本酒によせて嗜む会」について …..Momoko (モモシャム)
    タイ料理といっしょに飲むならビールというイメージありますね。あとは炭酸で割ったメコンウイスキーなども人気。 しかし最近桃子の私的ブームが来ていまして(笑)、あえてタイ料理と日本酒をいっしょに嗜むというのが、なかなか気に入っております。 よく考えたら、日本酒に合わないわけがないんです。 日本とおなじ、お米を主食にする文化なので、ほとんどの料理が米のおかずになるように作られているということ。 また、タイ料理にふんだんに使われる発酵系の調味料とも相性ぴったりです。 特にソムタム(パパイヤサラダ)に代表されるタイの東北地方イサーンの料理はたくさんのもち米と一緒にたべるために作られる料理。イサーン料理の辛さを和らげ、うまみを受けとめるためのもち米の代わりに日本酒にしてみたらこれが最高なんです。 実はタイにも米からつくられたお酒はたくさんあるのですが、ほとんどはとてもアルコール度数の強い焼酎です。しかし、これら焼酎も良いのですが、あえて日本酒で楽しんでみたところ、、、とてもおいしいことに気がついてしまった私です(笑)。さらに、もっと日本酒に合うように私なりに塩梅を加減したタイ料理を作るようになりました。 そんなわけで、モモコが提案する新感覚のタイ料理と日本酒を楽しんでみませんか?
    メニュー
    (当日の仕入状況などにより多少変更する可能性があります)
    1. ステーキ肉の一夜干しジャーキー(ヌアデットディアオ)
    2. おさしみ In ダーク発酵魚ソース(サシミプララー)
    3. 柿とりんごのソムタム(ソムタムポラマイ)
    4. タイ風きんぴらごぼう(ゴボウヨン)
    5. 豆腐と卵のマイルドカリー炒め(トウフパッポンカリー)
    6. 味噌とココナツミルクのディップ(タオチオロン)
    7. 色々きのこと塩麹のラープ(ラープヘットサムヤーン)

    詳細と予約フォーム 

    Links

    Mail News

    今後の開催日程ご希望の方は こちらのフォームよりメールアドレスをお送りください。教室の情報をお送りします。momoko’s Thai cook Mail News